「風邪対策」をご紹介♪

 

 

 

こんにちは♪東京ヘアビューティの田中先生です^^

11月ももう終盤で、最近急に寒くなってきましたね。。

僕は北海道出身なんですが、寒いのは大の苦手です。

よく勘違いされるんですが、極寒の北海道でも家はすごく暖かいので、北海道人は意外に寒さに弱いんです。笑

 

ところでみなさん。。風邪の対策はなにかされていますか?

手洗いやうがい、バランスの取れた食事などいろいろ気をつけてる方もいるかと思いますが、

これからの季節… あれ?風邪っぽいかな?と感じたあなたに、今日はその対策をご紹介します^^

 

 

■風邪対策の基本は十分な休息!

分かっていてもなかなかできないのが、「十分な休息」をとるということ。よくあるのが、咳や鼻水など風邪の代表的な症状が現れ、「風邪かもしれない」と思っても、「まあ大丈夫だろう」ですませてしまうケース。忙しい生活を続け、そして結局、風邪をひいてしまった経験のある人は多いのではないですか?
確かに、忙しいときはなかなか休息がとれないものです。日常生活を送っているうちに、自然に治っていることもあります。しかし、せっかく風邪のひき始めを自覚していたのに、休む時間を惜しんだばかりにこじらせてしまった場合は悔やみきれません。「たかが風邪だ」と軽く見ずに「十分な休息」をとって安静にしていることは、とても大切な風邪対策だといえます!

 

 

 

気をつけてはいたけど…

風邪を引いてしまった!!!

 

 

 

■風邪には治療法がない!

実は、風邪のウイルスを殺せる治療方法はないそうです。結局は「きちんと休み」自分自身の身体がウイルスに打ち勝ってくれるのを待つ・応援するのが一番の「治し方」。そして日頃から免疫力のつく生活づくりをすることが、風邪にかからない・かかっても軽く済んだり、早く治せる方法となるみたいですよ♪

 

 

■温度・湿度をコントロール!

ウイルスは高温・多湿に弱いです。風邪をひいている人の場合、寒いと発熱は必要以上に進むので基本的に部屋は暖かくしましょう!だからといって部屋を30度にも上げてしまうと、身体の方の抵抗力がなくなり逆に良くないです。最近は一年中エアコンで快適な生活がおくれます。しかし、少しは寒さへの抵抗力を培わなければ、かえって自律神経が弱くなってしまいます。しかもエアコンだけでは、乾燥が進みます!冬は部屋の温度を20~25度にし、むしろ湿度の方を上げましょう!部屋の湿度を上げる方が、薬を飲むよりも、よほど予防・回復にも有効です。湿度が50%になると、ウイルスは約3%の生存率しかありません。できれば加湿器を併用し、60~80%を保つように心がけましょう!

 

 

以上、「風邪対策」でした^^

みなさんも身体に気をつけて、元気に新しい年を迎えてくださいね♪

それではまたの更新を楽しみにしていてくださいノシ