THBCで学んだ2年間は今も生きています

楽しい思い出ばかりじゃない。時には落ち込んだり、懸命に練習したり。
だからこそ、今がある。プロの世界の厳しさも乗り越えられる。
東京ヘアビューティで学んだ2年間を卒業生に語ってもらいました。

ob-img02

「GARDEN」でキャリアをスタートさせ、2014年からは店長に就任。サロンワークからセミナーの外部講師、雑誌撮影のヘアメイクまで仕事内容は多岐にわたる。現在は売り上げ管理や人材育成などマネジメント業務にも携わる。

代表 / 店長

長田 耕太 さん(5期生 2006年本校卒業)

やりたいことを声に出せばまわりの人がきっと助けてくれるはず。

僕の場合は、思ったことをすぐに発言するように心がけています。というのも、もともとは自分にすごく甘くて、サボってしまうタイプ。

だからこそ、考えたことは口に出して、後に引き返せない状況をあえて作っているんです。それは今でも変わりませんよ。

就職したての頃は、技術も知識も先輩たちに及ばなかったけど、口だけは出そうと思って。上の人からしてみれば生意気ですよね。その分、たくさん怒られましたけど(笑)。

でも、今となればよかったなって思うんです。黙っていたら何も始まらないし、自分がやりたいことを示せばまわりの人が助けてくれる。僕が今店長をやらせてもらっているのも、まわりの人の支えがあったからなんです。

だから学生の皆さんも、やりたいことがあれば勇気をもって発言してもらいたいですね。

ob-img04

Natural Control Jesus Loves Me 副店長

徳田 由加理 さん(2期生 2003年本校卒業)

小さな努力の積み重ねはお客様に大きな感動を与えます。

ひとりのお客様がどんな接客を求められているのかを、いち早く察知するのが美容師として大切だと思うんです。
お客様によっては、会話したい人もいれば、黙っていたい人もいますよね。シャンプーの力加減やお茶を出すタイミング、お店の清潔感など、挙げたらきりがないですが、そういった小さな積み重ねが、居心地のいい空間を生み出すんです。
嬉しかったのは、地方に引っ越されたお客様がわざわざお店まで来てくれたこと。今までやってきたことが間違いじゃなかったって思えて、自分に自信が持てました。
THBC を卒業するときに先生から「徳田らしく、真面目に」ってアドバイスをもらったんですが、その教えは今でもちゃんと守っているつもりです。努力は必ず報われます。
学生の方も夢を諦めずに、コツコツと頑張ってくださいね。

ob-img05

THBC卒業後はエクステンションの特殊技術を身につけるため、Natural Controlでキャリアをスタート。 フェミニン系やナチュラル系など、女子力UPの秘訣である“モテ髪”を武器に、多くの女性客から多くの支持を集めている。

都内でも指折りの実力派サロン「MINX」に、2006年に入社。読者モデルさんからも大人気、MINX唯一の女性副店長。テレビ、CM、PV撮影のアーティストなどのヘアメイクも担当。カジュアルにもフェミニンにもなれるミディアムパーマは大人気。

ob-img07

MINX 銀座店 副店長

小池 茜 さん(5期生 2006年本校卒業)

私の長所。
それを見出してしてくれた場所です。

「相手に合わせた対応ができて、すごいね」先生から言われた一言。美容師として武器となるわたしの長所。それを見出してくれたのが、THBCでした。同じ志を持った仲間と過ごした時間は、楽しい思い出しか残っていません!

 

視野は海外へ。

そしてずっと美容師で生きてゆく。

お客様に求められるものを120%のかたちできちんと提供する。それが仕事のモットーです。

わたしは目の前の目標を一つひとつクリアしてゆくタイプ。今の目標は、アジアをはじめとした、海外を視野に入れてゆくことです。

ob-img08

kakimoto arms 自由が丘クレオ店 店長 / ディレクター

中薗 祐介 さん(1期生 2002年本校卒業)

スタイリング以外の付加価値は
自分に足りない部分から発見できるんです。

お客様が描いているヘアスタイルを提供するのは大事。
でも、それって美容師としてできて当たり前なんですよね。僕が理想とする接客は、ヘアスタイル以外の付加価値を提供すること。
じゃあ、何が付加価値かというと、僕の場合はふたつのルールがあるんです。
ひとつめは、お客様の名前を意識的に何度も呼ぶこと。
ふたつめは、お客様と顔を合わせる前に笑顔を作ること。
もちろん人によってルールはさまざまだと思いますが、自分を分析した結果、この2点が僕には足りなかった。だからこの2 点を意識的にやることで、お客様の満足度を高めていけるんです。
学生の皆さんも、まずは自分自身をきちんと分析して、足りないものを洗い出してみてください。それを克服できれば、自分の中で最高の武器に変わっていくかもしれません。

ob-img09

THBCの第1期生として卒業後、ヘアカラー確立の先駆けサロンである「Kakimoto Arms」でキャリアをスタート。 その人に合った最旬のヘアスタイリングの提案に定評があり、現在は店長として売上管理や人材育成にも力を入れる。